結婚相手の選び方は難しくありません

結婚相手の選び方 初めは条件を絞り過ぎないことが大切

結婚しなければと焦ってしまうと、結婚相手の選び方はどうするべきかと悩んでしまいます。しかし実はそれほど難しいものではありません。

 

最初は、男女ともに結婚相手に求める条件をいくつもつけます。そして、お相手を絞り込んでいくのですが
「学歴に、収入、さらにはルックス、料理好き、○○歳以下」
といった数々の条件を並べる方も、たくさんいます。

 

しかし注目すべき点は、数々の条件に沿った人と、お付き合いをして結婚にされた方より、
「感覚的にピタッときた」
「ここだけは譲れないという第一条件が、飛びぬけてよかったため、その他の点は、あまり気にならなかった」
など、実際に婚活で結婚されたカップルは、条件は一部であって、どこかでお互いに感じるものがあった方が多いことです。

 

「あれも、これも」と考え始めると、結婚相手を選ぶのは本当に大変なものになります。

  • ルックスがタイプであることとタバコを吸わないこと
  • 年収はある金額以上であることと家事は平等にやるという価値観をもってること
  • 優しくて料理上手であること

など、第一条件と第二条件さえ合えば、後の条件は「揃っていたらラッキー」くらいの気持ちでいると、思いもよらない素敵な出会いのチャンスがめぐってきます。自己診断に基づいたコンシェルジェの丁寧なアドバイスが交際の確率を高めます。

 

 

↓↓いくつかの結婚相談所を1回の入力でで比較したい方はをクリック↓↓結婚サービス比較.com

結婚相手の選び方は難しく考えすぎない!関連ページ

女性が男性を選ぶ視点
結婚相手の選び方として、男性に求めるものは安定した生活の礎となる仕事、収入です。しかし、それは未来永劫続くとは言い切れません。
女性が求める条件
女性が結婚相手に求める条件は、安定した収入があります。これは、決して依存する気持ちから出てくるものではありません。
男性の年収は必要条件
結婚相手選びでは、女性が男性に対して年収が条件となるのは当然です。理由は、モチロン楽をしたいからというわけではありません。実際に結婚すると女性には…。
結婚相手を職業で選ぶ
結婚相手を職業で選ぶ場合、女性は医者・弁護士・公務員を希望します。これらのリスクはなんでしょうか。
結婚相手を学歴で選ぶ
結婚相手を学歴で選ぶと、選択の幅が狭くなります。将来の子どもの遺伝子を考えてという方もいるようですが…。
結婚相手は弁護士がいい
結婚相手が弁護士であってほしいと願うのは安定した生活を手に入れたいという自然な望みではあるかもしれませんが、競争率が高いことを知っておくべきです。、
結婚相手は医師がいい
結結婚相手は医者がいいとは、婚活宣言をしている女性の大多数が望んでいることです。その中で選ばれるためには、女性も努力しなければなりません。
結婚相手の決め手とは?
結婚相手の決め手となったのは、意外にも最初に自分が掲げた条件をクリアしている異性ではないという方が、大半です。では、実際の決め手とは一体何なのでしょうか。