結婚相手を学歴で選ぶ危険性

結婚相手を学歴で選ぶ

現在婚活中である多くの女性は、結婚相手となる男性に高学歴を求める傾向にあると言われています。
  • 高学歴なら高収入、安定した生活
  • 優秀な子どもの遺伝子

を希望してのことでしょう。しかし高学歴に惑わされてしまっては、想像とはかなり違った結婚生活を送ることになってしまうかもしれません。結婚相手の学歴ばかりにとらわれた婚活には注意が必要です。

 

そもそも女性たちにとって高学歴とは具体的に何をさすのでしょうか。有名国立大学卒、有名私立大学卒、これらはもちろんのこと、医学系、法律系、理工学系などとどんな学部を卒業しているかというのも重要なポイントです。しかしこうして高学歴に集中してしまうあまり、この先起こりうる2つの問題があるのです。

 

結婚相手 学歴

高学歴という条件をつけることで、結婚相手となりうる男性の数を自ら減らしてしまっているということです。

それだけチャンスが少なくなるということですよね。

 

結婚相手 高学歴

表面的なことだけを見て、相手の中身をきちんと見ていないということです。

そのため安定した生活を手に入れたものの、相手の性格などが問題で、結婚してからわかったことがいくつもあるという状態に陥ってしまうのです。

 

しかし残念ながら気づいたときには手遅れ、ということも珍しくありません。

 

結婚相手が高学歴の持ち主であるかどうかを、最大の条件として探すのを控えるようにしましょう。
「もし高学歴だったらラッキー♪」くらいの気持ちでいたいものです。

 

経済的に安定した男性会員が多い結婚サービスは?

↓↓いくつかの結婚相談所を1回の入力でで比較したい方はをクリック↓↓結婚サービス比較.com

結婚相手を学歴で選ぶ危険性関連ページ

結婚相手の選び方
結婚相手の選び方として、まず条件にこだわり過ぎてしまうのは、大きなチャンスを失ってしまうことに繋がります。では、どのように条件を考えたらいいのかについて記載しています。
女性が男性を選ぶ視点
結婚相手の選び方として、男性に求めるものは安定した生活の礎となる仕事、収入です。しかし、それは未来永劫続くとは言い切れません。
女性が求める条件
女性が結婚相手に求める条件は、安定した収入があります。これは、決して依存する気持ちから出てくるものではありません。
男性の年収は必要条件
結婚相手選びでは、女性が男性に対して年収が条件となるのは当然です。理由は、モチロン楽をしたいからというわけではありません。実際に結婚すると女性には…。
結婚相手を職業で選ぶ
結婚相手を職業で選ぶ場合、女性は医者・弁護士・公務員を希望します。これらのリスクはなんでしょうか。
結婚相手は弁護士がいい
結婚相手が弁護士であってほしいと願うのは安定した生活を手に入れたいという自然な望みではあるかもしれませんが、競争率が高いことを知っておくべきです。、
結婚相手は医師がいい
結結婚相手は医者がいいとは、婚活宣言をしている女性の大多数が望んでいることです。その中で選ばれるためには、女性も努力しなければなりません。
結婚相手の決め手とは?
結婚相手の決め手となったのは、意外にも最初に自分が掲げた条件をクリアしている異性ではないという方が、大半です。では、実際の決め手とは一体何なのでしょうか。